応援メッセージ

株式会社フィット / 鈴江崇文

この地方版ベンチャーキャピタルには、地方の将来にインパクトがある事業として共感しています。
それは私自身が、父より借金20億の会社を相続して再生した経験からです。
父の会社が借金20億になるまで業績が悪化したのも、戦略寿命のつきた既存事業を何とかしようと努力した結果でした。
私は、一端斜陽に入った事業を無理して立て直すよりも新たな時流に応じた事業にシフトするべきだと思い、地方の安い不動産市場を活かした様々な新事業を企画して軌道に乗せてきました。
その結果再生を果たし2016年3月に東証マザーズ市場に上場することが出来ました。
私は、その経験を通じて地方版ベンチャーキャピタルに共感する点は3点あります。
①地方だからこそ安い資源を生かした成功するモデルがあり得る
②成功するモデルがあっても銀行は、事業計画だけでは必要資金を融資しない
③地方企業の再生は先行している地方企業による支援が一番効率が高い
以上の共感点を踏まえ、四国ベンチャーキャピタルの活動に民間による地方創世の期待を即して支援します。

阿波製紙株式会社
代表取締役社長 三木康弘

日本の元気は間違いなく地方に依っており、地方創生なくして日本再興はありません。
四国ベンチャーキャピタル」は、投資基準を「地方資源を活かすビジネスであること」とされ、まさに時代が要請しているファンドであると大いに期待しています。
当社の創業精神も「徳島県の豊富な水資源と山林資源を活かした新産業を立上げ地域経済に貢献したい」と掲げており、まさに理念が一致しています。
地元四国の経済に貢献する企業育成のために活動しようとしている「四国ベンチャーキャピタル」の活躍を、積極的に応援しています。

株式会社 丹後 / 丹後博文

今治タオルの工場を、異業種から参入して再生。
「幸せの量が増えたらうれしい」
不動産会社・保険会社を本業とする当社とは全く異業種の製造業の再生を手がけました。
きっかけは、お世話になった今治のタオル業者さんの後継者がいなくなったこと。昔、本業の危機があり今治のお客様に助けられたことがありました。

その危機を抜け出し、経営理念には、『感謝の気持ちを持って、仕事を通じて地域社会に貢献する』と書きました。
今治のタオル業者さんから相談を受けた時、まさに「地域社会に貢献する」その時ではないのか。と考えました。

未体験の製造業、資金面も困難だろうと考えていましたが、『一度の人生、後悔するよりもやろう』と、ものづくりの世界に飛び込みました。

その結果、半年近くただただ現金が消えていく毎日。事業を再生することは容易ではないと思いました。そんな中、同じコンサルタントに学ぶ製造業を営む先輩経営者たちを質問攻めにし、製造業経営のコツをようやく掴み、2年後には2億円の売上をあげるまでに回復しました。

事業を再生していくにあたって、大切だったのはまずは、再生への志です。いつも念頭には「幸せの量を増やしたい」と理想を思い描いていました。
もう一つは、経営の師匠や先輩経営者の存在です。やはり相談できる良き、パートナーがいなければ仮に再生できたとしても、もっと時間を要していたことでしょう。

ぜひ、良きパートナーを見つけて、事業再生にチャレンジしてください。

インキュベイトファンド株式会社 / 赤浦徹

AFCO在籍時(1991入社。1994〜1999退職までは広島支店)の1997年に阿波銀行様と協力して創業2ヶ月のサイボウズに出会い、以来一緒に事業立ち上げを行ってきた経験があります。
またUNIQLO、ダイソーなど多くの企業が地方から産まれ全国、またグローバルに羽ばたいていくのを目の当たりにしました。
日本再生、再興のために地方創生、地方の力を活かすことが重要だと考えています。四国ベンチャーキャピタルを応援しております!

株式会社シケン / 島隆寛

私は東京でのサラリーマン生活を経て、徳島県小松島市にある株式会社シケンを27歳で父親から継承し、様々な事業展開を行ってきました。
現在では海外にも販路を広げました。一方で地方の衰退を身近に感じています。地方にあるからこそ生まれる魅力的な事業を日本の大都市や海外に羽ばたけるようにしていく役割を四国ベンチャーキャピタル様が担っていくことに期待しています。

新潟ベンチャーキャピタル株式会社
代表取締役社長 永瀬俊彦

当社は、「新潟版シリコンバレー型ベンチャーキャピタル」として地方創生のためにハンズオン型の投資を行って来ました。
一極集中型の日本経済における地域間格差を解消するには、地方より産業が育つことがその基盤となります。
その基盤を創るのは、民間の民間によるベンチャー支援に大きな役割があると考えます。
四国ベンチャーキャピタルには、共に民間による地方創生に貢献していってくれる事を期待します。

お問い合わせはコチラ

Contact